映画感想/ひらいて★





 

綿矢 りさの青春小説『ひらいて』を映像化。女子高生愛はクラスメイトの”たとえ”を好きになる。たとえの秘密の恋人を知り、2人がお互いを補完するような、穏やかな感情に揺蕩っていると知るも、理解することができない。そして、恋人美幸を傷つけ、たとえも傷つけ、自らもボロボロになっていく。

青春の無軌道な感情、というにしても、個人的にはちょっと理解の範疇を超えてるなと思いました。自分には全然想像もつかない感情、行動。大人になった今からすると愛はまぶしく、キラキラと輝いていました。輝きすぎて直視するのがつらい、そう思えたのは、自分が大人になってしまったからでしょうか、、、。青春小説を楽しめ無くなるなら、老いとは本当に辛いものですね。

御城プロジェクト:RE

御城プロジェクト:RE
開発元:DMM.com LLC
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です