【漫画感想】続 ハーメルンのバイオリン弾き 3巻(渡辺道明)





  続ハーメルンのバイオリン弾き 3巻 (ココカラコミックス)
  北の大戦が終わり、新たなる旅に出た新シリーズの第三巻!
  魔王の血に身体を蝕まれて、大魔王ケストラー化に苦しむ勇者ハーメルの前に立ちはだかるのは、
  かっての魔界軍王の一人、「深い夜の闇ヲ逝く主」と呼ばれる、妖精王バラライカ。
  ハーメルたちを 深い闇に墜とし、悪夢の中で精神を弄ぶ。
  そして、さらなるゲームの余響にと 皆を、二人組みのタッグチームに分けてしまう。
  ハーメルと妖精ピロロ、トロンとフルート、ライエルとサイザー、
  それぞれのチームに課された試練とは?
  バラライカの陰謀とは!?

1990年代のガンガン黄金期を支えた名作「ハーメルンのバイオリン弾き」の
続編、ついに3巻です。
なぜか表紙はリュート。
過去の大戦で亡くなったはずのリュートがなぜ表紙に?
読めばわかります(笑)
私はハーメルンの
真面目な戦闘中に突然突入するギャグパートが好きですw
こんなふざけていていいのかと当時の自分は驚きました。
また、大きなギャグ回がたまにあり、それが(狙ったかどうかわかりませんが)
5の倍数巻に収録されていたのを覚えています。
全巻繰り返し何度も読みましたが、特に5巻、10巻、15巻を
ピンポイントで何度も読んだのを思い出します。
作者の渡辺道明さんが、当時の制限によってできなかったことが
今デジタルなどでできるのがうれしい旨、あとがきで述べています。
web掲載でのページ数制限なしやトーンなどのデジタル処理など、
今の技術で彩られたハーメルンが今度どのような展開を魅せてくれるのか楽しみです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です