【ラノベ感想】OP-TICKET GAME 2巻(土橋真二郎)

OP-TICKET GAME (2) (電撃文庫)
ラノベ消化中につき、
発売日から日数が経過している作品の紹介です。
おっぱいを賭けたチケット争奪戦が行われた1巻。
2巻ではその後、廃人と化した主人公が
今後は恋愛を模したゲームに取り組む姿が描かれます。
ゲームそのものより、
その世界に捕らわれていく7組の男子たちと女子たち、
そして主人公、の関係性の描写を楽しむ作品でしょうか。
ラノベは「キャラクター小説」の側面を持っていますが
この作品に置いては、作品におけるキャラクター一人一人の占める割合は少なく、
群像劇のような、集団としての人間が描かれています。
危機的な状況に陥った時に人はどう行動するか、
そしてそれを見てどう動くか、。。
まだまだ続編が書けそうな終わり方ですし
3巻も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です