【ラノベ感想】のうりん 9巻 (白鳥士郎)

 
 のうりん 9 (GA文庫)
■過去記事:のうりん8巻
【http://0o0o0o0o0o.seesaa.net/article/391177754.html】
アニメ化も果たした大人気ラノベ、のうりんの9巻です。
刊行から半年近く経過していてすいませんorz
8巻では緑園祭の準備まででした。
読者は待ちに待たされた緑園祭が書かれています。
緑園祭は体育祭と文化祭を合わせたものであり
生徒たちはもちろん、教師やOBなど学校関係者も
非常に力を入れています。
学校で育てている作物や製品など
日頃の成果を披露するに相応しい場のようです。
多少ネタバレになってしまいますが、
9巻では、「農業高校の意義」について語られています。
農業にとって、地域にとって農業高校とはどんな存在であるか、
そこに通う生徒たちはどういう存在であるのか、が語られます。
表向きはドタバタとした過剰なまでのパロディ・エロネタで味付けされていますが、
芯はしっかりとこういうところがあるのがのうりんの特徴的なところです。
早くも3月には新刊が発売されるようですので
今度こそは早く読んで記事上げたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です