【漫画感想】猫系彼女と草食男子 1巻 (こいずみまり)





 猫系彼女と草食男子 1 (バンブーコミックス)
4コマ系恋愛漫画の旗手、こいずみまり先生の最新刊が
発売されました!
 「近頃、恋愛がしたいと思えなくなってきた・・・」
 恋愛意欲が低いイマドキ男子のクサカベ(26)。
 同窓会で出会ったネコタに押しかけられ、訳も分からぬまま同居生活をすることになってしまう。
 酒癖も悪いし、無神経な言葉も多いネコタ。
 「この女も恋愛対象外だな…」
 そう思っていたけれど、気付くと仕事中も彼女のことが…!?

こいずみまり先生の4コマ恋愛ものは、
『健全恋愛ライフ』のころから大ファンで読み続けているのですが
本作でも、こいずみ節がすごい出ていて
こいずみファンにはたまらない感じになっています。
勢いのあるタッチと
繊細な感情を持ったキャラクターの葛藤という
マッチングがとても面白いです。
はじめ、主人公クサカベ(日下部)とデートしていた女性は
それだけのモブキャラだから顔が映っていなかったんだと
思っていましたが、そうではなかったですね。
クサカベが相手の顔をしっかり意識してみていなかったことを
絵にした演出でした。
後半に、その女性(小早川さん)が主要キャラになって
小早川さんの独白シーンがありました。
これにより読者と小早川さんの距離がぐっと近くなりました。
ただし、それからもクサカベ視点のコマでの小早川さんは顔が見えてない。
(クサカベがドキっとする時など一部除く)
クサカベと小早川さんは似たもの同士ではあるものの、
まだお互いに対して温度差があります。
こういった違いが付き合いにどういう影響に及ぼすのか
楽しみです。
一方、自由奔放な猫のようなネコタですが、
裏でクサカベのために暗躍していて
猫というより犬みたいですね。
というより鶴の恩返しの鶴かも(笑)
ラブストーリーとしては
ヒロインはネコタなのか小早川さんなのか気になるところです。
主人公のところに突然現れたヒロインとお嬢様ヒロインとの三角関係?というと
LET IT BE!!』を思い出しますね。
なので、ネコタはクサカベと小早川さんの仲を手伝って
2人の前から姿を消す、みたいなラストを想像してしまいますね。
ネコタがピンチのまま、1巻終わってますが
こいずみまり先生なので
あまり胸糞悪い展開にはならないという安心があります。
あの社長の秘書(クサカベもどき)が出てきて助かるみたいな展開でしょうか。
小早川さんにもクサカベ部下の興味が向いているようですし、
今後どうなるかとても楽しみな作品です。
2巻が出るのはおそらく1年以上先なので
連載誌で読みつつゆっくり単行本化を待ちたいと思います^^





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です