最終回の季節

【最近のアニメ感想】
■ピンドラ最終回
ここ一か月くらい
「あと3回で終わるのか」
「あと2回で終わりそうもない」
「あと1回で終わるわけないじゃん」
と思いながら見てきたのですが
無事終わりました。
最期も「これあと5分で終わるのか」と思いましたがww
24話通して、
幾原監督の運命論をじっくり展開させられた気がします。
ウテナもそうですが、
パッケージの部分の見せ方が独特なので、
好き嫌いは別れるかもしれません。
見てる側の読み込み度が試されるアニメなので
もう一度通してゆっくり見たい。
2011年にもなって幾原監督のアニメをまた新作が見れるというのが
奇跡なので、もし万が一また10年後くらいに
新作見れたらうれしいなぁ。
■まじこい最終回
後半の戦闘描写がだるい以外は
割と上質のコメディでした。
会話のテンポがよく、小ネタの頻度が高いので
楽しんで見れました。多分原作の(タカヒロの)シナリオがいいんだと思う。
「国とは、国を守るとは」みたいな話の筋もあったし、
話というより、世界観からしっかり作ってるのが
わかるのは安心して見れる。
設定厨なんで
「wiki見て楽しめる作品は本編も面白い」または
「wiki見たくなる作品は面白い」と思ってますw
■アイマス最終話
カメラワークが病気過ぎて感動した。
実は途中から未見なのでちゃんと見たい。
見たくなる、そういう最終回だった。
■とらドラBOXの新作
脚本マリーだった。
いい話なんだけど、新作で一本、というと
どうしてもキャラに関係する話期待してしまうので
ちょっと肩すかし。
あみちゃんを!もっとあみちゃんをだせ!!(違
美味しんぼっぽくなる竜二には笑ったが
どうしてもオチが見えてきちゃうしなぁ。
■けいおん劇場版
こういうタイプの話は何回見ても飽きないから困る。
あと何回見ればいいんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です