映画感想/僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46





 

欅坂46の真実の軌跡を描く劇場作品『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』を見てきました。先んじて公開されていて日向坂46の『3年目のデビュー』が非常に良かったので、公開を楽しみにしていました。先行上映見た方やメンバーのインタビューを見るに、日向坂とはまた違った感じかなと思いました。どんな内容になるのか楽しみで、しかし少し怖い気持ちもありつつ劇場に足を運びました。

自分はコロナ禍の3月頃から、日向坂46を追うようになった初心者なので、長く彼女たちを追いかけてきたファンとは見え方が全然違うと思います。平手さんという表現力がすごい絶対的センターが居た、くらいの知識のみで、日向坂46のルーツになるグループなので少し興味があった感じです。

この映画の率直な感想としては壮絶、、、ですね。それは平手友梨奈のパフォーマンス、ひいてはその存在の印象です。それは欅坂46というグループの在り方に大きく影響するものでした。現メンバーが当時を語るインタビューと当時のMV撮影やステージのパフォーマンス映像から構成されています。平手がステージから落下したときどうだったか、平手が休んだときどう感じたか、平手が抜けたときどう思ったか、主要メンバーが語ります。自分は、喋っていた欅坂メンバーの人となりをあまり知らないのですが、みな言葉を絞りでしている印象でした。

あと気になったのは、ダンス振り付けのTAKAHIRO先生に監督?撮影スタッフ?が質問するシーンです。難しい状況になった欅坂46について”大人の責任”を問う質問に、一瞬たじろぐ様な表情を見せたTAKAHIRO先生の顔はすごく印象に残ります。所詮は思うように切り貼りされた映像作品、都合のいいところ、悪いところ、どこを採用、演出するかは作り手次第ですが、このシーンを入れたこと、監督の意図を非常に強く感じました。”嘘と真実”と題されたドキュメンタリー。何を感じ取るかはあなた次第かもしれません。

チラシ裏のコーナー
欅坂ファンには失礼で申し訳ないのですが、見に行く前は「ひらがなけやきの話も少し出るかもしれないし」と期待して見に行った気持ちがありました。日向坂46ストーリーでは、ひらがなけやき2期加入時に1期生が、自分たちひらがなけやきが出来るときの欅坂46メンバーの気持ちを理解できたみたいな逸話もあったので。でも、始まってみるとそれどころではなかった。欅坂46そのものがもつ物語にとっては、枝葉のエピソードに過ぎなかったと思います。もう少し欅坂のことを勉強してから、もう一度見に行きたいです。欅坂のことを知りたくなったし、これからも見続けたくなりました。

 

追記0916

昨日友人と2回目見に行ってきました。『3年目のデビュー』を一緒に鑑賞した友人と。日向坂46も欅坂46も全く知らないのに同伴してくれる神のような友人。そのあと、居酒屋で喧々諤々いろいろ話しました。一緒に映画見て話しできる友人は本当にありがたいですね。感謝。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です