配信イベント/2回目のひな誕祭(日向坂46)





3月27日『2回目のひな誕祭』感想レポです。こちらは昨日のユニットライブとは別で、配信チケット制になっています。AbemaTVやRakuten TV、stage crowd、ひかりTVなど9つのプラットフォームで配信されました。自分はRakutenTVで見ました。自宅で一番大きな画面がTVで、PS4のアプリ経由で見れるRakutenTVが一番便利なので。

 

バスに乗ったメンバーが登場、ド派手な演出&ダンス。ラップパートは録音富田。こればっかりは代わりがいないもんなー。アザトカワイイ、ソンナコトナイヨ、ドレミソラシドを披露して、観客ステージに移動。特大モニターのオンラインおひさま、そして700名のおひさまたち、、、、。客席は数席に1人みたいに間引きされており、不在席にはペンライトが刺さっていました。約1年ぶりのリアルおひさまに感極まったメンバーたちは少し涙声で歌ってましたね。

続いて「ひらがなで恋したい」「僕たちは付き合っている」「抱きしめてやる」「君に話しておきたいこと」「 半分の記憶」「永遠の白線」と懐かしの楽曲を披露。衣装も走り出す瞬間ツアーで、なんと影山さんは初めてだとか。けやき坂&日向坂の歴史を追う構成に、エモさが限界突破し続けました。

日向坂カラーのハーネス衣装も登場し、伝統と新しい風の両方が感じられました。古きを大事にし、そして新しく挑戦し続ける、いまの日向坂にピッタリの演出に涙がとまりませんでしたね。

声が出せない状況では、アンコールの過去映像が流されました。ひらがなけやき時代から連綿と連なるライブの歴史。こんな状況だからこそ生み出された演出です。全編通して、元気が出て泣ける、素晴らしい2周年ライブでした。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です