音楽感想/ってか 通常版(日向坂46)





 

■アディショナルタイム

かっこいい曲調だなぁと聴いていると、意外と歌詞がヘビーで興味をそそられます。もう別れそうな彼氏に捧ぐ往生際の悪いが強い女性の歌で、昔の大黒摩季みたいなカッコ良さがある。しかし、終わりが見えている恋愛を”アディショナルタイム”に例える歌詞は秀逸で、聞き込みたくなります。表題曲にはできないけど、日向坂の表現を膨らませるのによい楽曲。ライブでパフォーマンスを見たい。

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です