漫画感想/これ描いて死ね 1巻(とよ田みのる)





 

マンガ大賞2023大賞受賞!!『これ描いて死ね』1巻です。第1話「来るべき世界」から第4話「ユートピア」と読み切り「ロストワールド」が収録されています。とよ田みのる先生が満を持して繰り広げる漫画家マンガ。

漫画に直向きに情熱を向ける若者とかつての自分を懐かしみ、正しく指導しようとする大人。もう王道もド王道の、真っ直ぐな少年漫画です。憧れの先生に出会う、仲間を見つける、漫画同好会をつくるなど、強い情熱とテンポの良さがマッチしてどんどん地力で進んでゆく若者を、眩しく感じます。強い強い光を見続けたくて、ページをサクサク読み進めるとあっという間に1巻が終わります。まだ彼女たちは第一歩を踏み出したばかり。これからも苦悩しながらも突き進む彼女たちの光を見続けていきたいです。

 

 

■ロストワールド

零先生を主人公にした読み切り。本作におけるエピソードゼロ。”死ぬほど”苦悩しながら漫画家になった彼女。それが今、漫画道の一周目を終え理解ある指導者として二周目に入ったことにとてもドラマを感じます。この背景に共感すると『これ描いて死ね』の裏主人公として、零目線で読みたくなってしまいます。

 

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です