漫画感想/BLACK TIGER 1巻(秋本治)





秋本治の新境地、荒野に立つ女ガンマン!

 

秋本治先生がグランドジャンプで連載中の『BLACK TIGER』1巻が発売されました。

ガンマニアならたまらないガンアクション、ガンのネタがてんこ盛りです。同じガン知識ネタでもこち亀だと、ギャグでやるしかないのに対し、本作では、撃つか撃たれるかのハードボイルドな世界観になっています。ばったばったと人が撃たれて死にますし、主人公のBLACK TIGERも死なないまでも撃たれれば怪我をします。ギャグマンガなら次のページでは治ってそうなものですが、もちろんそんなことはありません。こういうのが、先生がこち亀を終わらせてでも描きたかった世界なのかもしれません。

“殺しの許可証”を与えられたブラックについて、まだ多くは語られていません。主人公の生い立ちもまだ不明なところが多いです。まだまだ描き足りない秋本先生の新境地を、早く続きを読みたいです。

 

 

 

チラシ裏のコーナー
これから始まる他の連載も楽しみ。こち亀終わらせて描きたかった作品があるってすごいバイタリティだよなぁ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です