漫画感想/エルフを狩るモノたち2 1巻(矢上裕)

淳平、律子、愛理、セルシアが帰ってきた!ウォーターバブル王国に召喚され、またもや元の世界に戻るための呪文のカケラを集めることに。淳平の妹も加わり、この旅の行方はどうなる!?

あのエルフを狩るモノたちが帰ってきた!
矢上先生はエル狩り後に、ヒッカツ! 』『打撃女医サオリ 』『環境保護隊モッタイ9』などさまざまな作品を世に出してきましたが一番のおすすめはエル狩りです。
矢上先生の作品は基本的にはギャグ+人情ものなのですが、キャラクターの背景やエピソードの積み重ねがあり愛着があるエル狩りが一番、味が出ています。一巻のネタバレになるので、伏字でちょっと書きますが↓

律子が淳平への好意をハッキリ口に出したのって今回(1巻ラスト)が初めてじゃないですか?
淳平が最後、妹告白の騒ぎのあたりで目を覚ましたような演出になっているので、淳平がどこまで気づいているのかがまだわかりませんね。
①律子のことも、妹のことも聞いてた
②律子のことは聞いてない、妹のことは聞いてた
③両方聞いてない
②が濃厚だと思いますが、どれでしょうかね?

ここまで伏字。

矢上先生の作品は、各キャラの情報格差、知っていることの差によるギャグも多いので上記のことが、これからどう影響するか楽しみです。久しぶりに復活ですし、エル狩り2は長く読みたいです!長期連載になりますように!

 

 

 

 

 

2 Comments
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/エルフを狩るモノたち2 7巻(矢上裕) | マンガを読み続けるBlog

  2. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/エルフを狩るモノたち2 2巻(矢上裕) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です