祝ドラゴンズクラウン発売 神谷氏インタビュー

■4gamers.net:神谷盛治氏ドラゴンズクラウンインタビュー
【http://www.4gamer.net/games/134/G013480/20130726117/】
インタビュー内で「ヴァニラウェアの金字塔」なんて言葉が
出てきましたが、まさしくそのような作品になったかと思います。
プリンセスクラウンから始まり、脈々と続いてきた
ヴァニラウェアの系譜を受け継ぐ、これまでの
ゲーム制作で得たものをすべて出し切ったかのような傑作であると思います。
過剰なまでに作り込まれたイラストやデザイン、
そしてそれがマッチしているゲームデザイン。
主にこの二つが綺麗に融合し、相乗効果で素晴らしい感動を
プレイヤーに与えてくれます。
古参のヴァニラウェアファンにはうれしい
ハイファンタジーの世界観がまたニヤリとさせてくれます。
・通常のファンタジーに比べてやたら強いレイスデーモン
・他のRPGと違い短時間で致死量な「」、
 非常に重要性が高い「攻撃力アップ」「防御力アップ
・食事の重要性(道中の回復も、キャンプも)
・つい頑張りたくなるアクション部分のさじ加減
(味方のゴーレム起動して敵のゴーレム倒すはずが、ゴーレム未起動でも倒せる
 砲撃で倒すボスが、がんばれば直接殴って倒せる などなど)
ルーン文字の解読も、
オーディンスフィアの調合を思い出させますし
ヴァニラウェアの技術、ノウハウ、そして作り手の熱量のすべてにおいて
総決算というにふさわしい作品ですね。
自分は、一人プレイ用にPS3版、マルチプレイ用にVita版、両方買いました!!
まだPS3でしかプレイできていませんが、大きなモニターで
やると本当にイラストや動きが綺麗で感動します。
ソーサレスで難易度ハード、タリスマン集め中(レベル64)ですが
「このゲームどこまでいっても終わり見えないなw」
というのが素直な感想です。
確かにステージやモンスターの数は決まっていますが
スキルを覚えることでキャラの動きや戦略が変わってきますし
新しい依頼が来ると、ニッチなこともやらなきゃいけないしで
毎回新しい気持ちでステージに向かってます。
普段はそんなにゲームやり込まないんですが
これは全キャラ相当やっちゃうだろうなー、という予感がw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です