漫画感想/少女ファイト 10巻(日本橋ヨヲコ・木内亨)

少女ファイト(10) (イブニングKCDX)

夏の日本橋まつり!
メインの少女ファイトです!

イブニングで大好評連載中の少女ファイトの新刊10巻が発売されました!

 

ヤンマガ時代からの日本橋ファンの自分としてはイブニングでの連載も読んでいますがなにより単行本化はうれしいです。なぜなら、日本橋先生の作品は連載誌で読んでも相当面白いですが、単行本で読むとその10倍は面白いのです!!というのも、メインのキャラクターの気持ちやそれを動かすエピソード、周りのキャラの動き、共感など非常に情報量が多く、前後の継続性を必要とする作品になっているからです。
掲載誌で読んだときに、あまり気にならなかった展開が単行本で読むと、前後の関係から、キャラクターの感情の揺れ動きがよりはっきりわかり、また違った感想を得ることができます。おそらく日本橋先生は、単行本になった時の読み手の印象をだいぶ、イメージして作品作りされているでしょう。わかりやすい顕著な例は毎巻、単行本収録の最終話には式島ミチル視点の、他とは毛色の違うまとめの話、アニメやドラマの次回予告のような意味合いの話を入れてきていることです。(10巻にはなかったのが逆説的に強印象でもあります)連載分も含めても、少女ファイトはまだまだどう話が転がるか未知の可能性を含んだ作品です。
あの生き生きとしたキャラクターがこれからどう生きていくのか、楽しみに連載誌イブニング、そして単行本11巻を待ちたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です