漫画感想/明日葉さんちのムコ暮らし 7巻(大井昌和)

家族の絆で乗り越える
ムコ暮らし最大のイベント

 

 ●関連記事

 

『明日葉さんちのムコ暮らし』最終7巻が発売されました。大井先生の描くボリューミーな女体が映える本作。7巻では特に妊娠出産を通し、家族の絆が描かれます。家族の一大イベント出産、しかもお二人同時に!?それと並行して起こる人生の岐路。様々な苦難を家族で乗り越える姿は、とても感動的です。正直、1巻読んでた頃はこの作品でこんなに泣くとは思いませんでした。クライマックスでは、本当にドキドキし、まさかこんなことが、、と凹み、、、そして喜びました。

56話「明日葉さんちのクリスマス」では、久しぶりにエッチなオチかな、、と思いきや、そっちにオチるか、と。クライマックス前のなごやかなエピソードです。サンタ姿の2人+αはとてもセクシーですね。

番外編「明日葉さんちのムコ暮らし」では、最終話のその後が描かれます。繰り返し同じような日常があり未来につながっていく、、。物語は終わりますが、引き続き家族は、ムコ暮らしは続いていくんだなと思わせてくれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です