漫画感想/少女革命ウテナ After The Revolution(さいとうちほ・ビーパパス)

革命後を生きるものたちへ
ウテナの世界を拡張したAfter

 

桐生、西園寺、樹璃、、懐かしのキャラたちが蘇る!少女革命ウテナ20周年記念完全新作エピソード『少女革命ウテナ After The Revolution』が発売されました。懐かしいキャラたちが主役のエピソードが3編収録されています。

少女革命ウテナの世界で色鮮やかに生き抜いたキャラクターが再登場します。After The Revolution、ウテナとアンシーが果たした革命の後を生きるものたちのオムニバス短編です。世界や時間のつながりを意識して読むと、ウテナファンにはこみあげてくるものがあります。本作では、徹底的に大人を排除して描かれた20年前の少女革命ウテナ本編のキャラクターが、大人になっています。あれから経過した時間の長さや、失ったものの大きさを感じさせます。完結した、と思われた物語でも、それには続きがあり、キャラクター達は生きているのです。

ウテナの「どんな未来でも」という言葉に、物語の続きが作られた意図が少し見えるような気がしました。どんな未来でも、わたしたちは切り開いていけるという願いが込められるいるのではないでしょうか。

あとがきや〈こちら〉の対談をよむと、さいとう先生と幾原監督がいかに苦労して、ウテナ新作エピソードを創り出したのかが伝わってきます。そして、ずっと少女革命ウテナを好きでい続けていることも。たしかに、少女革命ウテナは一分の隙もなく完成した物語として幕を閉じました。その物語の続きを示すことは、やもすると蛇足になってしまうかもしれないという懸念。はたして20年来のファンはそれを見たいのか。いろいろな葛藤がある中で、作り上げられたAfterです。ウテナの、アンシーの、革命の続きを見守りましょう。

 

 

チラシ裏のコーナー
ウテナやアンシーのその後を見たいのか?考え抜いた結果がこういうエピソードになったこと、すごい素敵だと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です