漫画感想/金田一37歳の事件簿(天樹征丸・さとうふみや)

 

『犯人たちの事件簿』がスマッシュヒットし、何かと話題になっている『金田一少年の事件簿』シリーズ。金田一一が主人公の正当続編、ただし金田一はアラフォー!?『金田一37歳の事件簿』1巻が発売されました。

天樹征丸&さとうふみや先生コンビが描く金田一です。当時のファンからしてみればそれだけでもう感涙ものなのですが、内容もしっかり正統な続編です。金田一一が三度も殺人事件に見舞われたあの歌島に再び上陸。”オペラ座の怪人”に見立ておこる4度目の殺人事件。いい大人になった金田一は自分で謎を解きたいわけではないが、なぜか新たなファントムの謎に挑むことに、、。当時の雰囲気のまま一ちゃんが帰ったきた!という印象で、すらすら読めますね。

ひとつ気になるところがあるとしたら美雪がでてないところですかね。新ヒロインまりんもかわいいですが、やはり美雪とのコンビも見たかった!これは2巻以降のお楽しみとしてとっておきましょう。明智、剣持などみんなが楽しみにしているキャラたちが活躍しないはずはない!2巻以降が楽しみです。

 

 

チラシ裏のコーナー
同時発売の『犯人たちの事件簿』3巻も面白いです。しかし、『犯人』につられて『37歳』の犯人も少しギャグっぽく感じてしまう弊害が!人が死んでるのに、ちょっと笑ってしまうのは不謹慎ですがやけに演劇めいた口調に笑ってしまうのは、私だけではないはず、、、。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です