漫画感想/アオイホノオ 12巻(島本和彦)

 

ドラマが大人気の『アオイホノオ』の新刊です。自分もアオイホノオはちょくちょくおっかけていたもののドラマ化ということで、改めて読み直しました。まだドラマは1話だけですが12巻冒頭から繋がる始まりで、ファンならニヤリとしてしまう演出でしたね^^
結構いいテンポで話が進んでいくので原作のいいところ、ドラマ化しやすいエピソードをかいつまんでいくのでしょうか。これからも毎週ドラマ楽しみです。と、ドラマの話はここまでにして、漫画の方をw
昔島本先生は「アオイホノオは大阪の下宿に住んでいる時まで」とおっしゃっていましたが、これは終わりが近い?ついに小学館に投稿しましたし、そろそろプロデビューもしくはそれに近い状態になるのでは?いやいや、そう簡単には進まない!!ということかな。ワンダ―マスミも、あれだけのためのキャラではないと思いますし漫画の方も、今後どうなるか楽しみですね!!

 

 

2 Comments
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/アオイホノオ 14巻(島本和彦) | マンガを読み続けるBlog

  2. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/アオイホノオ 13巻(島本和彦) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です