【漫画感想】ちいさいお姉さん11巻・12巻 (ゆとり・マツダ靖)





  電撃4コマ コレクション ちいさいお姉さん (11) (電撃コミックスEX)
  電撃4コマ コレクション ちいさいお姉さん (12) (電撃コミックスEX)
ゲーム好きのキャラクターが織りなす恋愛模様。
ほのぼの恋愛4コマ漫画「ちいさいお姉さん」がついに完結しました。
ここ最近は、2巻まとめての刊行が続いていましたが
今回も11巻・12巻の同時発売という大ボリューム!
ひとつひとつのエピソードの積み重ねが
各キャラクターの関係性の移り変わりを表現していて
とても味わい深いです。
かわいいキャラクターに、ほのぼの中心の展開が多いのですが
キャラクター各々が真剣に恋愛や相手のことを考えています。
そして、しっかりとした答えを出す、というのが
ハーレム主流の今のラブコメとは一線を画しているところです。
作画が非常に細やかでかわいらしいのに
内容はどこか影があるような恋愛劇。
一見ミスマッチに見えますが、
この相互効果があり、
軽すぎず、重すぎない読後感をひきだしています。
最後の灯(あかり)の「告白」も
ゲームを否定するものではなく、
今までの生き方を否定するものではなく、
これからの繋がるような、
ゲーム好きの読者を光に照らす様な印象を受けました。
「ちいさいお姉さん」は完結しましたが
電撃PSでは続編となる「ちいさい奥さん」が連載中です。
こちらも単行本化が楽しみです^^





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です