夏待ち2話 感想

【夏待ち2話 あらすじ】
前回の騒動を説明するイチカと海人。
お姉ちゃんさんの粋な計らいもあり
出張中は一緒に住むことに。
そのことはカンナから連絡網のように
全員に知れ渡る。
そして、映画決起集会。
もちろん場所は海人宅。
檸檬が持ってきて不思議なドリンクでカンパイし、
はたまたどうなることやら、、、。
中身8割コメディなのに、
ラストED曲がかかってくるといきなりシリアスになるのずるいよなww
そしてみんな倒れてると思いきや、
複雑な表情の哲郎と美桜。
哲郎がやたらカンナに「応援してるぜ」と絡むのは
哲郎はカンナ好きってことなんすかね。
作中で、でもそのことカンナは拒否し、
そのうちに哲郎×美桜になるのかな?
おねティの流れを踏襲して
美桜が哲郎押し倒すのが個人的にみたいww
おねティでは主人公が”停滞”という病気のようなものにかかっていましたが
今回は、あの痣がそれに近いものなのでしょうか。
イチカは「毒を吸ってる」ようにも「命を分け与えている」ようにも見えますね。
今後がさらに楽しみなアニメです。
長野旅行はいつにしよう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です