雑誌感想/B.L.T.2020年12月号(特集:おもしろい美女たち・渡邉美穂)





 

 

前回の『日向坂で会いましょう』特集が好評だったため、その続編企画ですね。今回は渡邉美穂にクローズアップして、日向坂とバラエティを解体していきます。いまでは日向坂出演番組では当たり前のように使われるようになった“○や””○天”の登場秘話、バラエティ番組におけるメンバーの“○や””○天”など、気になる話ばかりです。日向坂とバラエティの歴史をまとめたページでは、出演回数や初出演などデータも詳細で、編集部の愛を感じます。絶対好きじゃなきゃこんなに調べないよ笑。

グラビアも遊園地を舞台に、面白い衣装とシチュエーションのロンググラビアが繰り広げられます。青春の馬MV特集の時みたいな重い荷物を持たされたり、派手なシャツ着たりととにかくコミカル。屈託のない表情も相まって”おもしろい”感じが溢れています。最終頁のしっかり腰を落としてキグルミで傘をさしてドリブルをするベミホが絵になるし、面白いしで、笑っちゃいました。

ひなあいディレクターの関谷さんインタビューとメンバーのバラエティ考察は非常に読み応えあります。今後の企画や、まだ活躍しきれてないメンバーの秘めたポテンシャルについても語られています。日向坂とオードリーが好きで、本気で面白いバラエティを作っているプロが、どう考えているのかわかるのは楽しいですね。まなふぃや愛萌など今後が楽しみなメンバーについてもしっかり考えてくれて嬉しいなぁ。あと「アイドルの冠番組は業界へのカタログ」ってのも、やっぱりそうなんですね。他番組で使ってもらうために、このメンバーはこれができますよ!こんな娘ですよ!みたいなのわかるようになってるもんなぁ。

日向坂とひなあいが好きなら必読の一冊です。前回は売り切れ続出でしたので、今回も早めに確保しておきましょう。2020年の日向坂のTV出演をまとめる歴史的な資料になると思います。

created by Rinker
東京ニュース通信社




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です