雑誌感想:ヤングマガジン 2021年25号(表紙・グラビア:日向坂46)★





 

〇新曲センター”かとし”率いる1期生トリオのハッピーオーラ増し増しグラビア

カラー7ページでかとうしほ、斎藤京子、東村芽依の3人が3パターンの衣装を見せてくれます。東村はブログでビリヤードやりましたと書いてましたが、東村はそういう写真なし!笑。かとしがキュー構えてる写真が1枚ありますね。東村はターンテーブルに手をかけている写真があり、ビリヤードやDJブースみたいなものがいろいろあるカフェみたいなところで撮影した感じですね。斎藤京子は脚がっつり写してて、単独写真集だした貫禄みたいなものを感じますね。衣装は3人とも脚出てるけど、アップで写すのは京子だけ。

アイドルにはまる前までは「グラビアページが雑誌の売り上げを左右する」って意味わかんなかったんですけど、いまはわかります。漫画は単行本化されるのに、グラビアページはその時雑誌でしか見れず、週刊誌は基本一週間しか手に入らないから、ファンは買うしかないんですよね。グラビアページまとめて写真集にするような習慣ができれば、慌てて雑誌買って保管しておかなくてもいいんですが。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です