雑誌感想/週刊少年サンデー 2021年25号(表紙巻頭:濱岸ひより)★





怒涛の日向坂週間。ひよたん単独表紙なので、ご祝儀購入。サンデー単行本派になって久しいので、近所のコンビニ行ったら残り1冊しかなくて焦りました。コンビニの雑誌販売がどんどん縮小されていて、雑誌不況を見にひしひしと感じますね。雑誌は保存しておくものでもないので、自分もこんな機会でもなければ電子書籍で購入するしなぁ。

5thシングル『君しか勝たん』では初の2列目、ドラマ『ボーダレス』出演など活躍目覚ましいひよたん。そこに加えて、初の単独表紙と来れば応援したくなるのがおひさまってもんですよね。ひなあいではゲラ発動したり天然な印象が強いですが、やはり撮影となるとそこはアイドル。しっかり決めてくれますね。お姉さんひよたんだけど、あどけなさが残っていてかわいい~。水色ボーダーシャツ半脱ぎが、露出度は高くないのに普段見せないような色気がにじみ出ていて、サンデーでこれいいの!?と思っちゃいました。

インタビューは完全版が《サンデーWEB》に上がってますね。相変わらずの雰囲気で笑っちゃいます。名前は「ひより」と「ひなた」で迷っていたらしく、それも運命ぽくていいエピソードですね。河田さんとお肉を食べましたと言う答えが、blt.graphの”20歳になって胃が大きくなった話”をする河田さんと思いがけない繋がりでほっこりしますね。青春の馬MVで大きな花を持たされた話はひなあいでもしていてよっぽど印象に残ってるんでしょうね。いまでもばちぼこ怒ってそう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です