音楽感想/月と星が踊るMidnight (TYPE-D)





 

 

 

■ブルーベリー&ラズベリー

 

初めての4期生楽曲。爽やかなイメージと疾走感あふれるリズムが彼女たちの始まりを予感させるナンバー。

 

 

■四期生はじめてのMVメイキング

1.四期生ドキュメンタリー

ゼッケン貰うシーンは本当に嬉しそう。このゼッケンは日向坂の第2制服みたいなものだもんなぁ。フォーメーションのリアクションは省略。シビアな部分は今ファンに伝えたい事じゃないもんね。あいさつや礼を練習してるのは日向坂イズムって感じ。練習合間のノリも日向坂好きな子たちが集まったんだなぁっていう空気が感じられて嬉しい。ペアダンスしたり同じシーン撮るペアで仲良くなるのはやっぱりあるあるなんだな。研修生合宿を乗り越えているので、すでにかなり仲良さそう。野原で撮影時、虫大丈夫組と虫無理組でリアクション別れているの草。白ホリスタジオでの撮影、

 

2.平尾帆夏

鳥取県出身日向坂2号。渡邊美穂にミーグリで「待ってるよ」って言われて応募したエピソードは映えるよね。正源司さんもそうだったけど、お母さん一人に向けたコンサート形式はいいね。お母さんがしっかりしゃべって、平尾母子のPVだなと思った。母の想いも背負って頑張ってほしい。

 

3.平岡海月

福井県美浜町出身で地元のニュースになっている期待の星。出身、父親が漁師、名前からも海のイメージが強く、水族館を訪れる。ひらがなけやき2期生オーディションを受けており、5年越し念願の合格。ラストチャンスを掴んだシンデレラガール。

 

4.藤嶌果歩

ふじしまかほ。札幌出身の書道ガール。ダンスは苦手だが、合宿は楽しそうで、夢中になれるものを見つけた感じは応援したくなる。自然体で明るいので、見ていて無理がなく楽しい。

全おひさまが戦慄した合宿での大喜利やぶりっ子一言のシーン。オーディションで大喜利、なんて冗談は言われてたけど、合宿で大喜利は本当だったんだな。内容より、やりきる体験させるためだとはおもうけど。

 

5.宮地すみれ

JOYFUL LOVEのMV撮影の地 養老天命反転地を訪れる。さらっと歌詞やポージングが出てくるジョイラガチ勢。女性おひさまyoutuberによる聖地巡礼動画みたい。アングルとかカット全部覚えてるんだろうな。解説する声が嬉しそうで見てるこちらも楽しくなる。水泳ピアノエレクトーンバトン巫女さんといろいろチャレンジしてきた経歴がきっとアイドルに生かされるはず。

 

6.山下葉留花

最初に公開された一人ずつのアップ写真で、唯一顔に手を寄せるポージングをしして只者ではないと思わせた。2018年坂道合同オーディション最終審査落選の経験がある。就職後にやめて研修生合宿に挑むも、体調不良で後半参加できず。合格までの道のりに非常に物語性を感じる。一度ギリギリまで夢を掴みかけて、再度挑んだ覚悟が、あのぶりっこにも見える笑顔だったのかもしれない。

 

7.渡辺莉奈

電子レンジで弱くなるwifiに応募を阻まれそうになった。応募時13歳と一番若く、地方出身組で、撮影や毎週東京に来ていることのリアクションが新鮮。あいうえお作文したり食レポ練習したりと、無邪気にバラエティを楽しんでいるのが好印象。”箸上げ”って言葉が頻出する中学生なんなんだ笑。

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です