【ラノベ感想】俺はまだ恋に落ちていない3巻





 

1巻読んでから2巻出るのが待ち遠しく
2巻読んでから、早く3巻が読みたいと思っていた作品の3巻が発売されました。
で、いざ3巻発売されると、
読むと終わってしまうのがもったいなくて
一日一章ずつかみしめるように読んでました。
序盤は事件の背景づくりに使って
最後盛り上げる。1,2巻はそんな内容だったのですが
3巻は序盤からいきなりクルクルww
主人公の昔好きだった女の子を使ったエピソードでは
「謎の彼女X」を思い出しますね。
中高生の恋愛ものには必須のエピソードです。
まだ恋(個人的略称)はSFでも剣と魔法の世界でも
なく、ラノベには珍しくかなり地味な設定です。
でもだからこそ、ひとつひとつの台詞や描写に
感じるものがあります。
主人公のモテる理由づけ?のような
お約束もしっかりフォローしてますし、
いろんな面で違和感なくスッキリ読めます。
また、イラストの庭さんがまたいい味だしてる。
ライトノベルはキャラクターのビジュアル説明を
文章であっさり目に抑えて、イラストに任せる傾向にあります。
この作品でもその点は同様ですが、
庭さんのイラスト、表情がすごい合うんですよねー。
いわいうアニメ絵、ギャルゲーのようなキャラデザだったら
自分はここまではまらなかったと思います。
1、2、3巻とちょうど3か月ペースで発刊されているので
次は冬ごろでしょうか。
今から4巻が楽しみです。
ドラマCDとかでないかなぁ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です