漫画感想/DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件(鳥山明・ドラゴン画廊・リー)

 

ブルマは渡さん!
ヤムチャでもベジータを倒せる!?

 

転落事故をきっかけに男子高生がヤムチャに転生!? ジャンプ+で話題になった企画漫画『DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件』が単行本化されました。ジャンプ+連載分だけでなく、書下ろしも追加されています。

異世界転生ものはなろう系ラノベから発生し、いろんなジャンルに波及しましたが、まさかドラゴンワールドに転生するなんて。しかも同人とかではなくジャンプ公式で。ヤムチャは、戦闘力は低い、展開が進めば進むほどモブ化していくキャラです。しかし、ドラゴンボール好きの主人公が転生したからにはもう安心。ドラゴンワールドの設定や、その後の展開を知っています。その世界のことを知っていて先回りしてうまく凌いでいくのは転生ものとしてべたなネタですが、ドラゴンボールでやると面白いもんですね。

ドラゴンボール初期のずっこけ方、ウーロンの鋭い台詞、思ってたより早く来たことなどなど、ドラゴンボール好きなら笑ってしまうような小ネタが多くちりばめられており、懐かしい気持ちになりながら楽しめます。最後はセルなどボスクラスの敵と戦って終わるなどしてほしかった気がしますが、この決着もまたアリかなぁ。

次はヤムチャじゃなくて、天津飯とかピッコロとかもうちょっと強いキャラに転生して活躍してほしいですね。逆に栽培マンなど一発キャラやウーロンなど非戦闘キャラなんかどうかな?ネームから作画までだいぶ凝って作っているので、そうそう量産はできないでしょうが、是非またドラゴンワールドに転生してほしいものです。

 

 

 

チラシ裏のコーナー
あとがき『転生ヤムチャをかくことになった件』読むと、元の絵は村田雄介先生っぽいですね。元アシなのかな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です