漫画感想/透明人間の骨 1巻(荻野純)





 

ジャンプ+の異色作『透明人間の骨』の1巻が発売されました。

感情的な父、無関心の兄、耐え忍ぶ母。崩壊した家庭の中で過ごす少女・来宮花(きのみやあや)。「ここに居たくない…」そう願ったある日、透明人間になる術を身に付け――。これは一人の少女が普通を、痛みを取り戻すまでの物語。

どこか空虚で満たされない雰囲気、人を殺してしまったことに対する罪悪感をかみしめて、人と触れ合わないように生きる少女。バリエーションに富んだジャンプ+の中でも、かなり異色の作品です。正直ここからどういう展開に発展するのか、予想がつきません。

出会いが少女を大きく変えるのでしょうか。物語はまだプロローグ。何かを失った彼女が、これから何を取り戻すのか、先が気になる作品です。

 

 





2 comments to “漫画感想/透明人間の骨 1巻(荻野純)”
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/透明人間の骨 3巻(荻野純) | マンガを読み続けるBlog

  2. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/透明人間の骨 4巻(荻野純) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です