漫画感想/すんどめ!!ミルキーウェイ 2巻(ふなつかずき)

恥ずかしがっている女の子は最高にエロい!

 

 

『華麗なる食卓』『妖怪少女-モンスガ-』などエロかわいい女の子に定評があるふなつ先生の最新作『すんどめ!!ミルキーウェイ』の第2巻が発売されました。

種族滅亡を防ぐために精力満点の義武との“子作り”にやってきた美少女宇宙人のルネ。だが、ルネは恥ずかしさがMAXになると本当の姿に!? さらに義武が地球人とHしてしまうと、ルネは“強制送還”されることが発覚――!! にもかかわらず、義武は慰安旅行中に後輩・由井園と付き合うことになって…!?

ふなつ先生の描く女の子は、恥じらいがあります。主人公義武と性行為したいんだけど、恥ずかしくてできない。その恥じらいの表情がこの作品を最高に輝かせています。自らの恋心に気付き始めたルネ、男女の付き合いに慣れない遥、両方かわいくてどっちか選べません。義武のエロまっしぐらっぷりも気持ちよくて好感が持てます。本番まではいかないすんどめなものの、温泉、ミラーハウス、ベランダ、海と場所を選ばず、恥ずかしいプレイを仕掛けていく様は、1人の男として尊敬します。扉絵のプレイもおそらく義武がさせているんでしょうね。1枚のイラストにも、物語と義武の性欲が垣間見えます。

3巻予告ではミカともおもしろい展開になりそうで、これからも楽しみです。はたして次はどんなプレイを見せてくれるのか。いつかすんどめでは済まなくなる時が来るのでしょうか、、、。

 

チラシ裏のコーナー
成年誌じゃなくてもここまではアリなんだな。ありがとうグランドジャンプ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です