漫画感想/仁義 零 14巻(立原あゆみ)

 

立原あゆみ先生の『仁義 零』がついに完結、最終14巻が発売されました。

立原あゆみ先生の作品は、漫画でよく見るファンタジーヤクザとは一線を画します。しびれるほどに渋い、大人の男たちを描いています。仁義シリーズでも少し若返った零では、大和とムサシが活躍しましたが、彼らを導く周りの男たちのかっこよさにしびれます。仁義シリーズはこれで終幕でしょうが、また新たな立原ワールドを見せてくれることを楽しみにしています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です