漫画感想/謎の彼女X 10巻(植芝理一)





諏訪野さんがかわいい(小並感)

 

映画研で作る自主製作映画の よだれを舐めるシーンが、その後、それが流行って普通のことになるという話があります。それって、この漫画そのものを示唆してるのかなぁと感じました。この漫画も最初は、女の子のよだれを舐めるということが相当のインパクトでしたが、10巻ともなるとそれだけで印象付けるのは難しくなってきています。主人公椿くんが「卜部のよだれを舐めるのが普通のことになっちゃったらどうしよう」と悩むことシーンがありますが、これはそのまま植芝先生の気持ちでもあるんじゃないかと。アニメ化もして、非常に魅力的な映像として広まっていく「謎の彼女Ⅹ」広まっていくとどうしても、一般化して薄くなってしまいます。よだれを舐めるという表面上の行為だけ広まり、二人の絆という本質的な意味はなくなっていってしまうかもしれない、、、。しかし、そういう葛藤を、そんなことないよ、と否定し、なだめてくれるのも
また卜部なのでした。生き生きとしたキャラクターは作者の手を離れて動き出す、とは言うのもですが、漫画家でも随一のキャラクターメイカーの植芝先生の手をも離れていった卜部が今後どういう道を歩むのか、、、これからも楽しみです。

 





3 comments to “漫画感想/謎の彼女X 10巻(植芝理一)”
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/謎の彼女X12巻(植芝理一) | マンガを読み続けるBlog

  2. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/謎の彼女X 11巻(植芝理一) | マンガを読み続けるBlog

  3. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック 1巻(植芝理一) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です