ライブ感想/SURFACE LIVE 2018「FACES #1」★

 

マイナビBLITZ赤坂『SURFACE LIVE 2018 FACES #1』行ってきました!5月の再結成ライブからはや3か月。短いような長いような、とにかく待ち侘びた数か月でした。

 ●関連記事

「バランス」で始まった今回。「CALLED GAME」「FLY HIGH」など普段のライブではなかなか出てこない、SURFACE通向けの楽曲たち。今回のセトリは永谷さんが考えたそうです。永谷さんのバースディを2日後に控えたライブということで、椎名さんの永谷さんイジリも冴えること。

「SURFACEは、どこをどう切り取ってもカッコイイ!!」椎名さんのシャウトが赤坂BLITZに響きわたります。会場が一体になり、SURFACEの楽曲と、SURFACEと、混ざり合う感じ。最高でした。かなりボーカルに攻めた選曲で、椎名さんの喉もきつそうでしたが、そこは最高のファンがフォローします。

アンコールでは“ラストはこの曲に決めてた”「らしさ らしく」で締め、からの予定外アンコールの「バランス」。解散時の曲だけど、これからもSURFACE続くからな、と椎名さんのジョークがうれしい。気が付けば、2時間半もの間、飛んで、声出し続けてました。最高の時間はあっという間でした。次は年末かな。カウントダウンライブ、楽しみです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です