漫画感想/東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 1巻(柴田ヨクサル)

俺のは「仮面ライダーごっこ」じゃないから・・・ 本気・・・ だから・・・

タックルは死んでない

 

仮面ライダーにあこがれる男東島丹三郎40歳。ショッカーを模した暴漢を倒し、お面を被り仮面ライダーを名乗ることになる。次々と現れる変な愛好家たち。本物のショッカーらしき人物も登場し、果たしてどうなってしまうのか。柴田ヨクサルが描く、不思議な仮面ライダー譚、ここに爆誕!

「タックルは死んでない」の岡田ユリコ、かわいい。柴田ヨクサル先生の描くクレイジーなヒロインはみんな可愛いですが、とりわけユリコは可愛いです。体型から思想までTHE ヨクサルヒロイン!って感じで、ファンなら2重に好きになると思います。

東島はまだ自発的に動くというよりは、つい動いてしまった感じ。これから目覚めて、目的をもって動き出すのが楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です