漫画感想/血の轍 第4集(押見修造)

 

『血の轍』第4集です。

 ●関連記事

 

“母親地獄”の中で、ますます精神的に追い詰められる静一。以前ラブレターをくれたクラスメートの吹石さんはその様子を心配し、静一を気遣い、二人は急接近する。

吹石さんは本当にかわいいし、静一のことよく見てる。いい子だなと思うけど、それだけに母親に敵として認識されている気がします。静一がいなかったらどこかに行ってると父親に告げてしまう。もう崩壊している家族は、果たして立ち直れるのか。いや、そもそも家族の体をなしていなかったのかも。とにかく静一だけは無事でいてほしい、と思ってしまいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です