漫画感想/あの鐘を鳴らすのは少なくともおまえじゃない 1巻(アサダニッキ)

賑やかなガールズ・ラブコメディ

西目先生に憧れているチカは、同じく西目先生が好きな猪乃原愛矢をライバル視します。彼女の妨害をしていくうちに、ついつい仲良くなる二人。ほかのライバルたちも出現し、戦友のような関係になっていきます。

チカの友人からは人気がない西目先生なので、モテないのかなと思ったらそうでもない。西目先生をめぐるライバルたちが増えていくのが天丼式で面白いです。しかしそういうお約束をひっくり返す展開が、1巻ラストにあり、これは続きが早く読みたくなります。鈍感なのは漫画のモテキャラクターの特権ですが、西目先生は?どこまで計算で、どこまで天然なのかわからないのがミステリアスでますます魅力的に感じてしまいます。もしかして読者も西目先生好きにさせようという魂胆でしょうか。

アサダニッキ先生らしい表向きはコミカルで明るい作品。しかしその裏に隠れたテーマに気づくとさらに深く楽しめるのではないでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です