雑誌感想/B.L.T.2020年9月号(「日向坂で会いましょう」特集号)





 

目玉は「日向坂で会いましょう」の大特集。普段アイドル雑誌買わないんですが、つい買ってしまいました。つい、発売日にわざわざ少し遠くの本屋まで買いに行ってしまいました、、、。つい数日前からワクワクしてamazonで在庫ないのにビックリしたりしてました、、、。

 

●表紙&グラビア

表紙の躍動感素晴らしくないですか!!!!すましたアイドル然とした写真も好きなのですが、ひなあいのバラエティ感を表現するのにこれしかない!動きがあってハプニング感あふれるこの写真がとてもしっくりきますね。トランプ飛んでてジェンガ崩れててジュースこぼれててドタバタしてるけど楽しそう!それがひなあい!発売前にこの表紙写真見てなかったら買ってないかもしれないです。その場合、のちほど後悔するくらい記事内容も素晴らしかったのですが。

 

●加藤、佐々木、富田、松田インタビュー

ひなあい中心的な4人のインタビュー。各々の笑いやバラエティのルーツや気をかけているポイント、ほかのメンバーについて語られます。きくとしの2人はやっぱり、間をあけないように、行きにくい最初に動くことを心がけていてグループのこと考えていることが素晴らしい。2人が放送ではカットされていても、使われている部分の笑いはきっと2人の最初の動きから生まれたものなんだよなぁ。富田さんは1行目からインタビュワーの「富田さんは”キャラが迷走するキャラ”に落ち着いたんでしょうか?」で笑った。一生懸命、真面目がテレビバラエティに出力されるとこういうふうになるだなって驚きつつも再認識しました。終始本人の生真面目さが垣間見えるインタビューで、最後の「メンバー全員がスタジオに集まって収録できるようになった時、どんな企画をしたいですか?」の答え、ほんと富田らしいっていうか、バラエティの富田より素の富田っぽくて好き。松田さんはセンス型に憧れる悩みについても語られています。自分にできることをやりながら、自分も食いつけるワードを探す前向きさ、見習いたい。

 

●日向坂46に”ひなあい”のアレコレきいてみた。

上記4人以外のメンバーにも、自分のキャラクター&立ち位置、もう一度やりたい企画などを聞いています。メンバーが喋っているのが想像できる回答で、あーこれももっと膨らませて聞きたいなぁと思ってしまいます。東村さんは、いつもの無口な感じから想像するよりは、ブログっぽい文章で、ああこの娘頭の中ではすっごいいろいろ考えているんだけどうまく話せないんだな、がんばれ!!と応援してしまいます。でも、ひらがな推しから比べると、ほんとリアクションも取れるし、喋れるようになったよなぁ。

 

●オードリーさんがMCで良かったと思うエピソード

このコーナーめちゃくちゃいい!!!半ページだけなのはもったいない!!距離を感じるイジリがあった時代もあるけど、いまは収録の合間とか世間話できてそうですね。若林さんとキャッチボールしてる加藤さんめちゃくちゃ笑顔になってそう、見たい~!!

 

●オードリー、サトミツ、長尾P、都築(四千頭身)、竹中監督インタビュー

オードリーは刺し違える覚悟だったとか、ヒット祈願の度に泣いてるサトミツさんとか、今となっては懐かしい。長尾Pは番組の一番偉い人なんだろうけど、愛情をもって彼女たちを見守って作ってくれるのが嬉しい。メンバーひとりひとりに向けたコメントに泣いた。宮田さんと源氏物語を読むみたいな番組NHKでやってほしい。都築さんは若手お笑い芸人から見た日向坂という感じで、姿勢や大喜利評価してるのが面白い。まなふぃのお笑いセンスに注目してておまえもセンスあるな(偉そう。監督のパートは読んでて、早く映画見たくなりますね。自分はひらがな時代など初期は知らないので、その時代の彼女たちを見たい。『日向坂ストーリー』などエピソードだけ知っていることはたくさんありますが、もっと彼女たちの始まりを知りたいという気持ちが溢れてきます。

 

などなど、他にも自分の名前あいうえお作文や、名珍場面集、ひな愛テストなど、ひなあい好きならたまらない35ページでした。日向坂ファン、オードリーファン、ひなあいファンなら迷わず買いの一冊です。日向坂、オードリー、スタッフ、そして視聴者。全員が相思相愛なのが、ひなあいの面白さの秘訣なのかなと、改めて思いました。リモートや、ガラス越しの収録が続きますが、いつかまた楽しくひな壇したりロケにいけることを、おひさまも楽しみにしています。

 

created by Rinker
東京ニュース通信社
blt graph. vol.57【表紙:小坂菜緒】[B.L.T MOOK] / B.L.T.編集部 (東京ニュース通信社) 【ムック】

 

チラシ裏のコーナー
ひなあい特集ではないので触れませんでしたが、小坂さん、影山さん、金村さんのグラビアめちゃくちゃ綺麗だな。濱岸さんもめっちゃスタイルいいのに、あどけない笑顔とポーズですごい良い。bltの別冊も買います。




One comment to “雑誌感想/B.L.T.2020年9月号(「日向坂で会いましょう」特集号)”
  1. Pingback: 雑誌感想/blt graph. vol.59(佐々木美玲・富田鈴花 特集号) | | 棚傘's LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です