祝1巻重版!!『ゲーミングお嬢様』9話~12話 格ゲー用語解説





 

熱き煽り合いお嬢様漫画『ゲーミングお嬢様』1巻重版記念!!!引き続き1巻ラストまでの格ゲー部分(用語・ネタ・エピソード)を解説していきますわ!

 ●関連記事

 

■9話

 

不遜を許されるだけの「お嬢様力」ですわ

元ネタは漫画『ウメハラ FIGHTING GAMERS!』ヌキさんの「不遜が許されるだけの才」。不遜は思い上がった態度、という意味。格ゲーマーはこれで不遜という言葉を覚えた。

 

天より降り注ぐ数多もの本田

エドモンド本田の百貫落としは、空中に舞い上がるモーションにも、落ちてくるモーションにも攻撃判定がある。弱中強EXで軌道やフレームが違う。反撃しにくい突進技で、初心者はもちろん、上級者でも対応できない場合がある。この後の「私はとても楽しかったですわ。だからあなたも楽しかったでしょう?」に繋がるが、やってる方が楽しくて、やられてる方がキレそうになる技の代表格。

 

嬢劇

元ネタは闘劇。2003年~2012年まで開催されていた複数格闘ゲームタイトルの大会で、各地のゲーセン予選を勝ち抜いた強者がディファ有明や成田の公園に集う。格ゲーの主戦場がゲーセンだった時代の大会のため、1先シングルイルミに己のプライドを賭ける戦う。格ゲーおじにとって切符持ち(決勝進出)、壇上(決勝ベスト4)はかなりの栄光。

 

突っ込んで!来るだけの!スラム街みたいな本田に!!

エドモンド本田はスーパー頭突きと百貫落としを撃つだけのキャラなので、負けると納得できない。早いダッシュや空中ダッシュがないゲームにおいて、突進技は扱いが難しい。

 

パンフで特集

闘劇では決勝進出者を掲載したパンフレットが発行された。その中でも有名プレイヤーは特集され、インタビューも掲載されていた。当時最前線のキャラ情勢やプレイヤー情勢も掲載されており、ベガ立ち勢に好評だった。アルカディア編集部でハメコ。さんなどが作っていたらしい。

 

行ってみましょおおおおおおおおおお

有名e-sportsキャスターアールさんの名言。格ゲー実況の第一人者として海外でも有名で、海外実況者も真似したりしてる。うるさいとかナルシストとか言われているが、なんだかんだ言ってこの一言があると締まる。

 

 

■10話

 

おーおー元気ですわね

開幕前ステップ⇒百裂張り手⇒前ステップ⇒投げ(グラップされる)、という行動はめちゃくちゃ元気。普通やらない。お行儀がよろしくない。

 

“強い技を出せば勝てる”(WINボタンですわ)

相手のやることが分かっていても勝てないことがあるのが格ゲーだが、本田はシンプル故にやりやすい。相手が飛ぶなら早め百貫、様子見なら張り手、飛び道具うつならEX頭突きと単発の技で対応できる。

 

隆子様は1R目アソビがち

ウメハラは1ラウンド目遊ぶ、という逸話が元ネタ。実際遊んでいるわけではないだろうが、相手の対策に対策を被せて2ラウンドから逆転することが多いため、そういう印象を与える。ウメハラは常識では計り知れないプレイから、そういう伝説が多い。(類:小足見てから昇竜余裕)

 

両国国技館

スト2全国大会の決勝が開催された施設。予選を勝ち抜いた約8000人が集まりしのぎを削った。1タイトルの大会では最大人数で、ウメハラはこれを超える10000人参加の大会の開催を目標としている。

 

 

■11話

 

三連鎖骨

かつてのウメハラのプレイが元ネタ。リュウの前中P(鎖骨割り)を画面端で三連続でうって逆転したエピソードから。相手がしゃがみガードすることを完全に読み切ってないとできない行動であり、実際読み切ったとしても3連続で鎖骨うつのは自分の読みと心中する精神力がないとできない。

 

飛ぶだけで勝てる

波動拳を連発するリュウ。飛ぶだけで勝てるのが分かっていても、滞空されるビジョンがよぎり飛べない。上記三連鎖骨と真逆のシチュエーションである。自分の読みを信じ切れる精神力があるかどうか。

 

 

■12話

 

更に性格が悪くなりなさい

格ゲーに限らず対戦ゲームの極意は「対戦相手の嫌がる行動をする」にある。相手が嫌がることを思いつく想像力、それを実行する胆力が必要。現実問題、エドモンド本田みたいに対戦相手に嫌われるキャラを継続してやり込むには精神力が必須である。

 

10話以降は真面目なエピソードなので、小ネタツッコめなくて申し訳ないですわ!!結末は自らの目で、確かみてみろ!とりあえず1巻はここまで。続きは2巻発売してからにするか、ジャンプ+配信されているので続けていくか、迷うところですわね!配信ベースでやるにしても、格ゲー小ネタの量が話によって差があるので、数話ずつまとめてやる方向になると思いますわ!!格ゲーや本作を楽しむ一助となれば幸いですわ!!対戦ありがとうございました!!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です