漫画感想/小林さんちのメイドラゴン 6巻(クール教信者)

 

 

京都アニメーション制作でアニメ化し大好評連載中の『小林さんちのメイドラゴン』最新6巻が発売されました。6巻には49話「トールとリラックス」から58話「トールと昔話(下)」が収録されています。

 

6巻は日常系のエピソードが多い中にも、この世界の核心の迫る伏線もちりばめられています。今後の展開に関わる重要な話になるのではないでしょうか。イルルやファフ、エルマなどそれぞれのドラゴンが人間と交流を深める日常話は心が温まります。月刊アクション掲載時にちょうどアニメが放送されており、話がリンクする感じがしていいですね。後半の、”魔法””昔話”についてはアニメを補完する知識になり、より深くアニメと漫画両方を楽しめるでしょう。

あとがきでも「キャラ一人一人を見直す内容が多かった」と書かれています。魅力的なキャラたちですが、まだまだその全容は伺い知ることはできません。彼女たちが背負っているもの、この世界の理などまだまだ知りたいことは山積みです。基本的にはコメディながらも、ふと見せる暗い表情や深みのある設定が魅力でもある本作。7巻が楽しみです。

 

 

 


 

●小林さんのメイド姿が好き!!のコーナー

アニメ放映時から「そんなに好きなら小林さんがメイド服着ればいいのに!」と思っていた、約100万人の小林さんファンの皆さま、お待たせしました。小林さんがメイド服着るエピソードが6巻には収録されています!!!第53話「小林さんとメイド服」です。メイドとは何か、メイド服とは何か、なんで小林さんはメイド服が好きなのか!?などなどいままでなぞに隠されていたすべてが明かされます!個人的にはこの1話だけのためにも、6巻読んで!という気分です。みんな読んで!(雑

 

 

 

 

 

 

 

 

One Comment
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/小林さんちのメイドラゴン 8巻(クール教信者) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です