漫画感想/恋に恋するユカリちゃん 1巻(寿々ゆうま・山本崇一朗)

 

恋バナをしたいユカリちゃんと親友2人の日々

 

『からかい上手の高木さん』のスピンオフ第2弾『恋に恋するユカリちゃん』単行本が発売されました。「恋バナ」「占い」など11編が収録されています。

 ●関連記事

 

 

恋バナがしたいユカリちゃん。タイトルは「恋に恋する」となっていますが、本人が恋するどころではありません。恋バナをしたいのです。

 

しかし、いつも一緒にいる友人はこの2人。到底、恋バナができる雰囲気ではありません。そんなユカリちゃんがどうにか、恋バナをしようと四苦八苦します。

本編はいろんなシチュエーションで高木さんが西片をからかう話ですが、こちらはいろんなシチュエーションで恋バナができそうでできない、というのが繰り返されます。視点の人物(西片やユカリちゃん)が自分のしたいようにできなくて苦労するというのは似ています。対応相手が、敢えて逆に行く高木さん と 地で気が付いてないミナちゃんサナエちゃんの差が大きくて面白いです。

メインの3人が表情豊かで可愛くて、アニメで3人のファンになった人は最高のスピンオフです。果たしてユカリちゃんが2人を相手に恋バナ出来る日が来るのでしょうか、、、。そんな日が来ても来なくても、3人の楽しい日々をこれからもみたいですね。

 

 

チラシ裏のコーナー
本家1話の表紙を使ったデザインの表紙。『(元)高木さん』もそうだったけど、紙の単行本欲しくなる作りで嬉しい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です