漫画感想/るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編- 2巻(和月伸宏)

 

 

剣心の新たな戦いを描く『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編- 』2巻が発売されました。1巻は赤を基調した表紙でしたが、2巻は青イメージになりました。青い剣心は新鮮ですね。

 ●関連記事

 

1巻は新しい登場人物、明日郎・阿爛・旭の活躍が多く、今後この3人が主役になって物語は進むのかな、と思いました。しかし意外にも2巻は剣心メインで話が進みます。旧作に登場した懐かしい面々も再登場し、時は経ち舞台を移しても、あの戦いから続く物語であることを感じられるのはとてもうれしいです。名前だけ読み上げられたあの人気キャラたちも今後の登場が待たれます。

幕末明治にかけての函館といえばあれだよなぁとうれしくなるギミックも登場。かなり資料を調べ上げて作っているようで、今後も展開が楽しみです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です