映画感想/ガールズ&パンツァー 劇場版

というわけで、劇場版ガルパン見てきました。TVシリーズやOVAは未視聴で、完全にガルパンに初めて触れます。「女の子と戦車がいっぱい出てくる」くらいの前知識しかない状態で見に行きました。

その結果ですが、非常に楽しく見れました。最初の「3分でわかるガルパン」でだいぶ知識を補えましたしキャラクターがとても魅力的です。あれだけキャラが多いとどこかが薄く見えてしまうものですがたった2時間の中に、あれだけの量のキャラの紹介から見どころまで作ってしっかりキャラが立ってるとは驚きました。戦車道の説明や競技としての駆け引きも理屈重視ではなく、体感するものであり最初の数カットで引き込まれました。エキシビジョンで戦車道とはどういうものかを説明しラストの対抗戦にもちこみ
初めてガルパンに触れる視聴者に無理なく理解を促すことに成功しています。映画全体の尺のうちどれだけ戦車が動いてるんでしょうか。円盤が出たらストップウォッチ片手に計ってみたいものです。

後半の展開はとても熱く、遊園地で戦車が動くのは目が喜ぶ展開です。作品に触れる際、展開や理屈重視で物語を俯瞰してしまうことが多いのでこういう作品に出会えると嬉しいです。アニメーションの根源的な魅力を再確認できたような歓びがあります。公開期間・劇場も増えているようなので未見の方は是非一度足を運んでください。自分ももう一度見に行きます。

Panzer vor!!

 

 

 

2 Comments
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 映画感想/ガールズ&パンツァー最終章 第1話 | マンガを読み続けるBlog

  2. Pingback: 棚傘's LOG 映画感想/ガールズ&パンツァー最終章 第2話 | 棚傘's LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です