漫画感想/エロスの種子 4巻(もんでんあきこ)





エロスをまとった濃密な物語が紡がれています。もんでんあきこが贈る、最新傑作短編5編収録。

 ●関連記事

 

■追憶 SideA & SideB

老人茂と謎の女、霧の濃い不思議な空間から物語は始まります。SideAではわからなかった謎がSideBで解き明かされてゆく、この流れはたまらないですね。数奇な運命の2人、幸せな記憶が呼び覚ます追憶。当時の時代描写も重なり、心にジンとくるものがあります。人に歴史あり。知らずにいれば幸せだった、いやそんなことはない。好きな人のことだから全て知りたい。そして最後を迎えたい。

良くないたくらみをしたものは天罰が下る、というのは第十八話「落花生」にも通じています。ハッピーエンドが多い本作で、こういう結末を迎えるとは。世にも奇妙な物語を彷彿とさせる余韻で、ゾクゾクします。





One comment to “漫画感想/エロスの種子 4巻(もんでんあきこ)”
  1. Pingback: 漫画感想/エロスの種子 5巻(もんでんあきこ) | 棚傘's LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です