漫画感想/エロスの種子 5巻(もんでんあきこ)





人間の性と生を描く『エロスの種子』5巻が発売されました。冬虫夏草1~3、真珠、少女の5編を収録。

 ●関連記事

 

エロスの種子は毎巻好きで、毎回「この巻最高だった!」と思うのですが、今まで以上に「この1冊最高!!」と思えました。舞台設定や、1冊通しての構成、各話の詰め方など、すべての要素が自分好みかつ高クオリティで仕上げられています。前半でここもうちょっと深堀りしてくれないかな、と気になったところがしっかり回収されていて、背筋がぞくっとしました。物語の中で人としてのつながりを目の当たりにし、フィクションキャラクターに普段感じることのできないではないドラマを感じます。人にとって抗いきれいエロスを悲しく、美しく描いており、誰もが感情を揺り動かされる作品です。

5巻ですが、4巻までとつながりはないオムニバス作品なので、ぜひこの5巻からでも手に取ってほしいです。あまりネタバレになるようなことを書きたくないので、抽象的なほめ方しかしていませんが、ほんとにとにかく多くの漫画好きに読んでほしい1冊です。

チラシ裏のコーナー
真珠の結末が好みです。本作は、エロスの悦びも悲哀もすべて正直に描いてくれている気がして、こういう結末が好きなんですよね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です