漫画感想/さぐりちゃん探検隊 1巻(あきやま陽光)

無邪気で可愛いアクティブなさぐりちゃんに
いろんなところに連れ廻されたい!

 

ジャンプ+で隔週連載中の『さぐりちゃん探検隊』、ついに単行本化されました。

 ●関連記事

 

ジャンプ+で毎回更新を楽しみにしている本作。単行本発売前に『さぐりちゃん探検隊』を読んで探検しようなんて紹介記事を勝手に書いちゃうほどお気に入りの作品です。

幼い時に病弱であまり外に出れなかった反動から、いまはとってもアクティブなさぐりちゃん。常識知らずでポンコツなところもあるけど、外界のいろんなものに好奇心満々で、興味を持ったものには最高に積極的。元気に好きなもの追いかける女の子はとても魅力的です。そんなさぐりちゃんに連れ廻される現代っ子なツム。このコンビが訪れる様々な景色が、また最高なんです。

行きたくなったら「明日行ける」探検コメディ、と銘打ってあるだけあり、2人が訪れる場所はどこも意外と近いんです。週末にフラリといけそうな距離で、実際に行ってみようと思わせてくれます。さぐりちゃんガチ勢はすでに聖地巡礼してるのでしょうか?単行本書き下ろしの番外編「初めての出会い」は、2人の幼いころのエピソードです。本編に繋がる、ほのぼのとした話です。こういうのが2人の関係性を感じさせてくれてうれしいです。

惜しむらくは、紙の単行本ではフルカラーページが白黒になってしまっています。カラーページはこの作品の肝なので、ちょっと残念ですね。しかし、kindle版ではジャンプ+掲載時と同じようにあの構成で最高の見開きフルカラーの景色に出会うことができます。初見の方は絶対にkindle版で読んでください!!

 

 

チラシ裏のコーナー

1400円出すので、フルカラーページ完全収録の完全版出してほしい。ジャンプ+で初めて読んだとき、あのギミックに驚きました。web配信コミックだからこそできる手法で、それが大事な演出の一部になっていてとても関心した一方「逆にこれ紙の本で読みたい!」と思いました。本好きとしてはすごい所有欲をそそられる丁装になると思うんだけどなぁ。ご検討よろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です