漫画感想/食戟のソーマ 29巻(附田祐斗・佐伯俊・森崎友紀)

最終局直前!
食戟もリアクションも最高潮!

 

料理バトルの最先端を行く『食戟のソーマ』29巻が発売されました。

 ●関連記事

 

各キャラクターのもつ個性、過去のすべてがしょくげきを彩る。料理の解説、リアクション、すべてが熱い。料理も本当にうまそうなものばかり。調理過程も、解説も、ビジュアルも、そこに最高の一皿を描くためにある。

少年漫画は理屈が大事。審査員の蘊蓄解説好き。

 

えりなのパンケーキには、彼女の決意が感じられてとてもかっこよかったです。“神域の黒糖餡”というネーミングも、中二心を掻き立てます。そして、あの決め台詞。メインヒロインの風格を備えた最高の食戟でした。

審査員のリアクションにも少し飽きてきたところで、なんと審査員交代。リアクション的にも、少年漫画的にも燃える展開になりました。ソーマ&えりなと薊の直接対決です。ソーマの「直接「味」でぶん殴れる」の真意も気になります。行方が気になる終局戦、30巻の発売が待ち遠しいです。

 

 

チラシ裏のコーナー
料理やリアクションにおけるビジュアルの強さ、この作品でいつも思い知らされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です