漫画感想/スタジオパルプ 1巻(久米田康治)

 

久米田作品オールキャストでお送りする
久米田ファン垂涎の一作

 

 ●関連記事

 

作者が生み出したキャラクターを役者のように、使いまわすシステム。それがスターシステムです。ただし、そのキャラクターがほんとうに「スター」なのかはまた別のお話し。B級C級のスターたちが集まるダメスターシステム、それが『スタジオパルプ』です。

『かってに改蔵』、『さよなら絶望先生』など往年の久米田スターたちが大集合という本作。久米田ファンとしては、それだけでとっても嬉しいです。内容は、世の中の現象、流行りを文字ってイジる『かってに改蔵』形式のギャグマンガ。作者自ら『かってに改蔵 2』と皮肉ってますが、これもまたファンには嬉しい内容です。うみ、チタンや部長など、他作品のキャラと共演させても、強いキャラクター性でどうしても目立ってしまう改蔵キャラたち。久米田スターの中でも、彼らはA級スターなのでしょう。作風も引っ張られてしまっています。

文章のあとがきでは、楽園やスターシステムについて補足されています。久米田先生の苦悩が記されており、こちらも必見です。背景を過去の作品から持ってきている話は面白かったです。面白い試みだと思いますが、さすがにわかりにくい!!そして、かえって手間がかかって手抜きできていない!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です