漫画感想/徒然チルドレン 12巻(若林稔弥)

 

週刊少年マガジンで完結した青春ラブコメ『徒然チルドレン』完結12巻が発売しました。193「噂」から211「告白」まで収録されています。全登場人物の物語が完結します。

 ●関連記事

 

いろんなカップルを描いたオムニバス恋愛作品の本作。どのカップル、どのキャラも大事に大事に12巻、育てられており、ここで物語の完結を迎えます。全カップル、涙の最終回ラッシュ。本当に最高の最終巻でした。

全エピソード感想。ネタばれになっちゃうところもあるので、気にしない人だけ推奨。というか、俺の感想なんてどうでもいいから、まず12巻読んで来い。

 

噂:「かわいい」に慣れない女の子ほんとうにかわいい。

スピカ:見開きマジックその1。俺は徒然チルドレン単行本のこの演出で毎回泣きます。

お兄ちゃんの彼女:間髪入れずにその2。ほんと嫌い。

サイレン:全部言って、受け取る側が受け切る。告白の王道ながら、それをしっかりやりきるのがすごい。

ドライ:本作の変化球。変化球メインの組立中の剛速球はとてもいい。

俺達に女はいらない:いい話だけどラストは少しもにょる。理由は後述。

マイブラッディバレンタイン:救いの話。

コンタクト:2人はこれからも、、的話で好きだけど、冷静に考えるとちょっと怖い話。

ラッパー:この2人はここからって感じがする。もっと読みたい。でも超ネーム大変そう。

生徒会長の悩み:毎回見開きで表情魅せて泣かせてくるのに、ここでこれかよーー(悶絶

お前を男にしてやる:こういう男女組み合わせ好きだ~。

パトリシア:俺もおっぱい、大寿司だよ。

恋はカッコ悪い:最初「俺達に~」読んで、本山くんあれで終わりかと思った。それはイヤだなーと思ってたらこのエピソード。オタクならだれでも似たようなエピソード抱えてるんじゃないだろうか。もう俺は11巻表紙見て号泣しなくて済むのか、、、。

至近距離恋愛:見開きの使い方がトリッキー。付き合い後の苦悩をコメディとして描かれていた2人。アニメで相当好きになった。ばーーーん!

今夜フラれます:数年後に偶然出会って、みたいなのを想像したいような。したくないような。本作の中でも不思議なエピソード。

仮面:顔で選んだは最高の誉め言葉だよなぁ。

先輩殺す:香取先輩前編。こういう関係性、学生の部活だけだよなぁ。

恋愛マスター:香取先輩後編。ラブ力たりたか。

雨:読みながらずっと泣いた。

告白:最後はこれなんだぁ。

おまけ:こういう想像力を掻き立てる後日談、本当に好き。

最後のおまけ:次の連載これでおねがいします。

 

 

 

 

チラシ裏のコーナー
若林先生お疲れさまでした。普段、意外と理論的にツイートされていて、こんな感情に訴える作品描いてるのにイメージ違うなぁと思ってました。が、かなり計算というか、考えて作らないとこんな複雑な作品つくれないですよね。本当にお疲れさまでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です