漫画感想/ケンガンアシュラ 26巻(サンドロビッチ・ヤバ子、だろめおん)

最終巻手前、大迫力の一戦

 

 ●関連記事

 

 

決勝に挑む2人目を決する準決勝第二試合。

“魔槍”黒木玄斎と”滅堂の牙”加納アギト激突する。勝ち進めるのはもちろんどちらか一名。

拳願仕合の王、「先の先」「武」「無形」「進化」「龍弾」すべてを出し尽くしたアギト。

衝撃の準決勝の行方は、、、!?

 

そして語られる王馬の過去。

すべてはこのためにあった。

完結まで、あと1冊。強さのすべてがここにある。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です