話題のアーケード新作『星と翼のパラドクス』稼働!

 

11月21日稼働の『星と翼のパラドクス』をプレイしに行ってきました。座席可動筐体というMX4D好きにはたまらない仕様!2丁拳銃が楽しかった『ガンスリンガーストラトス』や、独特なセンサー操作の『マジシャンズデッド』を開発したバイキング製です。新しい筐体で遊びを作り続けるバイキングさん大好きなので、ずっと楽しみに待ってました!

翌日22日朝、横浜ラウンドワンに着くと、なんと8台設置!3階壁際一面に大型筐体が並ぶのは壮観ですね。平日朝なのに半分くらい埋まってました。やっぱ気にしてた人多いんですね。横浜駅周辺だとタイステでも稼働しているはず。

 

 

 

筐体は左側が開いていて、右側には荷物置き場とサブタッチモニターがあります。あとシートベルトもあり、しっかり締めないと座席の稼働がストップするみたいですね。プレイ最初に注意事項もしっかり読まされますし、ゲーセン初の座席稼働筐体として安全対策は念には念を入れているようです。グリーンラインがかっけぇ。全体的なデザインも凝ってて、金持ちだったら自宅に一台欲しくなります。

 

 

左レバーは移動、レバー先の赤いボタンは回避に使うバレルロール、レバー向こう側のトリガーは左武器です。手前の停止ボタンは、緊急時に座席稼働を止めるボタンです。レバーがごっつい割には軽くてすいすい動かせました。

 

右レバーは、武器切り替えと右武器トリガーが付いています。レバーは視点移動です。あと、ちょうど手の届く位置にサブタッチモニターが付いています。プレイ中はここにマップなど必要な情報が表示されます。前面とは違い、横にこういうモニターが表示されるのがコクピットぽくて滾りますね!あと出撃時にアズワンと手を合わせるのが超エモい。写真、左奥のあたりが荷物置き場になっています。ここは横から手を伸ばして盗まれたりしないように工夫されていてありがたいですね。実際盗られたことはないですど、大型筐体プレイ時に自分の荷物が気になって集中できないこと多かったので。

あと、写真撮り忘れましたが、ペダルが2つあり、左はジャンプブースト、右は高速ブースト(固有名詞忘れました)が付いています。出撃時に右ペダルベタ踏みするのが楽しい。手だけじゃなくて脚も、椅子が動くことで身体全体でプレイしている感じがたまらないですね。

 

 

プレイ料金は1プレイ300円、追加200円。多くのゲーセンが追加1回交代になってると思うので、実質2プレイ500円です。全国対戦試合時間は7分くらいです。カスタマイズとかは専用アプリでやっておいた方がよさそうです。こんな豪華な筐体で20分くらい遊んで500円なので正直安い。

 

 

一緒に出撃するアズワンと呼ばれるキャラクターたち。私は断然イサドラちゃん。

ルールはボーダーブレイクに似ています。8対8で先に相手のコアを破壊した方が勝ち。コアの体力が残り3分の1になるとコアがこっちに攻めてくるのが超怖い。序盤デス0だったのに、後半コアのビームでガンガン落ちること多かったです。いまのところマップがシンプルなので、戦闘に集中しやすいです。3D方向音痴の私も迷子にならなくてよかった。

 

 

 

戦闘終了画面。キルデスだけじゃなく、いろんなポイントで評価されるのは嬉しいです。試合に負けてくると、こういうのないとどんどんめげてくるんですよね、、orz

 

ガチ勢は新しい対戦ゲームとして、新しい物好きは身体全体で体感できる大型筐体ゲームとして、様々な楽しみ方ができる本作。今後も、エア・リアル、武器の追加や大会開催など楽しみな展開が目白押し。多くの人にプレイしてほしいので、是非チュートリアルを試してみてください。ロボットを操作している感じが病みつきになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です