映画感想/宇宙戦艦ヤマト2202 第六章『回生篇』

 

 ●関連記事

 

ズォーダーの生い立ちなど多くの謎が明かされるのが今回六章の見どころです。波動エンジンが停止し落ちたヤマト。その復活と、新たなる力「銀河」とGプロジェクトなど、物語が大きく動き出します。艦隊戦より物語を楽しむ感じでしたが、多くの謎が解明され、非常にすっきりしました。次回ラスト第七章に向けて、繰り返し復習したい作品です。

 

今回大活躍のアンドロメダの山南艦長。彼の行動にはぐっと来ました。「生きて恥をかけ」を反芻し、何度もギリギリで踏みとどまりヤマト救出に尽力しました。彼の行動がなければ銀河も動かなかったでしょう。ヤマト救出のキーマンでした。アンドロメダの艦艇がちょん切られた時はほんとうに死んだかと思いましたよ、、。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です