漫画感想/起きてください、草壁さん 2巻(秋★枝)

起こしたい彼氏と寝ていたい彼女の甘々ラブコメ『起きてください、草壁さん』最終2巻が発売されました。7話~11話と、ミラクルジャンプに掲載されたプロトタイプ版が収録されています。表紙はゆる~い草壁さん。

 ●関連記事

 

あいかわらず彼氏が起こしに来ても起きない草壁さん。しかし、彼女も思うところあるようで、、。友人に唆されて、彼女なりの努力もしてみますが、、、。甘々ラブコメここに完結!

学臣が草壁さんを起こすために準備する数々のネタ。秋★枝ワールドがそこにあります!続きが気になる少女漫画にまさかの広告挿入には笑いました。漫画やゲームネタなど、細かいところでクスリとさせられるのがたまりません。それでも起きない草壁さんですが、決してギスギスするわけでなく、二人の間には緩い空気が流れています。友人のアドバイスで少し変な方向になるものの、2人のペースは揺るぎません。最後11話では、それでも変わらない2人の今後が示唆されていて、秋★枝作品らしい優しい世界に温かい気持ちにさせられました。2人ともちょっと変だけど、相手の事を思い遣っていて、”好き”なんですね。それが2人とも可愛くて、、。秋★枝先生の描くキャラは男目線で見て、女性キャラはもちろん、それと同じくらい男性キャラが可愛いのがスゴイと思います。

2016年にミラクルジャンプに掲載されたバージョンは、今回のプロトタイプでしょうか。2人の髪型などキャラ造形が少し違いますが、様々な手段で起こしに来る彼氏と起きない彼女という構図は一緒です。こちらは一話数ページの構成になっており、このテンポも悪くないなと思いました。

 

 

チラシ裏のコーナー
秋★枝作品にでてくる友人。アドバイス要因として、恋人の関係性に一石投じる人が多いな。どうしても普通ではない不思議な関係性のカップルが多いから、友人が普通の意見述べるのが転換点になる。余計な事言ってる感じもあるけど、もちろん悪気やふざけているわけではなく、秋★枝ワールドの大事な一部ではあるのだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です